子宮内膜症と食生活・食べてはいけないもの

ほとんどの婦人科では、子宮内膜症を治す方法はないとされ、
鎮痛剤や、合成ホルモンの投与、天然のプロゲステロン・クリーム、
あるいは手術などによる治療が一般的らなってしまっています。

しかし、残念ながら、どの治療法も所依場を一時的に緩和するための、対症療法でしかありません。
最悪の場合には、子宮や卵巣を失ってしまうことさえ考えられます。

しかし、ホリスティック栄養学に基づく食生活で
「あなたに食べるのをやめて欲しいもの」をやめるという方法は
子宮内膜症の根本的な原因を取り除くことになりますので、効果がとても期待できるものです。

女性の体にとってふさわしい食事を心がけ、体を浄化し、
体内の毒素を排出してしまうことができればツラい症状は改善されます。

特に、マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸、
そして砂糖の摂りすぎは要注意です。
これらは、免疫システムの働きを鈍らせる直接的な要因となっています。

子宮内膜症の予防改善のためあまり食べてはいけないもの

特に、マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸、
そして砂糖の摂りすぎは要注意です。
これらは、免疫システムの働きを鈍らせる直接的な要因となっています。

食生活の改善だけで、子宮内膜症が完治する例もたくさんあるということですから、
しっかり意識していきたいですね。

続木和子 子宮内膜症改善プログラム 効果と評価・口コミ

タイトルとURLをコピーしました