痔の解消に効果のある食べ物

食物繊維を摂ろう

痔には「あまりとってはいけない成分」というものがありますよね。
一般的に言われるのはカフェインやスパイスです。

では逆に、痔の方が摂るべき成分とは何か?

それは『食物繊維』です。

食物繊維には、

●便の量を増やす
●便の固さを最適にしてくれる
●便意を催しやすくする

などの素晴らしい機能があります。

簡単に言うと、食物繊維を摂ることは、
排便をスムーズにしてくれる効果があるということです。
つまり、痔の方にはまさに最適な成分ということですね。

あまり普段気にすることのない成分ではありますが、
痔の方にとっては、最強の味方となりえます。

しかし、便秘と下痢を交互に繰り返すような『過敏性腸症候群』などは、
腸が痙攣しているかもしれません。
痙攣性の便秘の場合、食物繊維は腸を刺激するため
症状が悪化することがありますので、心当たりのある方は主治医にご相談ください。

主食を玄米にする

最近では、健康に対する意識が高まり、玄米の素晴らしさも見直されてきました。
玄米とは、本当に素晴らしい食べ物です。

玄米の食物繊維は、白米のズバリ4倍以上!
さらにはミネラルなども豊富に含まれています。

つまり、玄米を摂ることによって排便がスムーズになり、痔を解消、または予防することができます。

主食を玄米に変えましょう。

主食を白米から玄米に変えるだけでOKです。
もし、100%玄米に抵抗があれば、白米と玄米を半々にして、
あるいは白米70%、玄米30%など、配合比率を工夫し、
できるだけ玄米を食べる機会を増やしてみて下さい。

実際に、それだけで痔が解消された方もたくさんいらっしゃいます。
最近では、スーパーなどで玄米は簡単に手に入れることができます。

できたら3週間、続けてみてください。
早い人は1週間で効果が実感できます。
その効果に、きっとびっくりすると思います。

痔獄からの解放 蓑田知幸の内容と効果・口コミは?

ビフィズス菌の力を見直そう!

「ビフィズス菌」という言葉は皆さん聞いたことがあると思います。

しかし、このビフィズス菌がどれほどの力を持っているか、理解していない方が多いようです。
そこで、腸内細菌について、簡単に説明します。

ビフィズス菌は善玉菌

まず、腸内には様々な種類の菌が100兆個存在しています。
その菌を大きく分けると、3種類に分かれます。

●善玉菌
●悪玉菌
●日和見菌

です。

日和見菌とは、その日の体調などによって、善にも悪にもなる気分屋です。
当然、腸内に善玉菌がたくさんいることが理想となる訳です。

善玉菌が少ないと、ガスや便が臭かったり、便秘や下痢になったりします。

『じゃあ善玉菌を増やすにはどうすればいいですか?』

一番簡単なのは、ビフィズス菌を摂る事です。
それだけで、腸内環境を正常に保つことができます。

■ヨーグルトやビフィズス菌飲料を摂る

一番簡単なのは、ヨーグルトやビフィズス菌飲料を摂ることです。

発酵食品や乳製品には豊富にビフィズス菌が入っていますが、
特にヨーグルトやビフィズス菌飲料は、手軽に摂れるのでオススメです。

最近では、ビフィズス菌がたくさん入っているヨーグルトもありますし、
オリゴ糖が配合されているものは、特にオススメです。

オリゴ糖は、ビフィズス菌を活発化させてくれる機能があります。

しかし、いくら良いものでも食べすぎは良くありません。
1日1回か、週に1回でも良いと思います。

■料理や紅茶などに使う砂糖をオリゴ糖にする

ビフィズス菌の栄養となるオリゴ糖を料理などで使えば、腸内環境改善化に役立ちます。
優しい甘さで、心にも体にもおいしいですよ。

痔獄からの解放 蓑田知幸の内容と効果・口コミは?

タイトルとURLをコピーしました