子宮内膜症はどんな病気?

今や、症状の差はあるものの
日本人女性の15%程度が子宮内膜症だと言われています。

この「子宮内膜症」とはどういった病気なのでしょうか?

その名のとおり「子宮の内膜をおおう粘膜」を子宮内膜といいます。

この子宮内膜と、とてもよく似た組織が子宮以外の場所に発生してしまい、
次第に増殖していく病気が子宮内膜症です。

この増殖した組織は、子宮内膜と同じように生理中にはがれ落ち、出血を起こします。
これが子宮内膜であれば、経血として体の外に排出されるのですが、
子宮の外で出血してしまった組織だと排出できる出口がないため、
そのままおなかの中にたまって、炎症をひき起こします。

これが子宮内膜症の苦痛の原因です。

体が正常な状態であれば、体の免疫システムによって、
こうした場違いな細胞は排除されていくものなのですが、
ホルモンバランスが崩れていると、体に毒素がたまってしまい、免疫システムが正しく働いてくれないのです。

そのため、子宮以外のところでの内膜細胞の成長を見過ごしてしまい、
さらに、女性ホルモンのアンバランス(エストロゲン過剰)によって
この内膜細胞のかたまりをさらに大きく成長させてしまうのです。

続木和子 子宮内膜症改善プログラム 効果と評価・口コミ

タイトルとURLをコピーしました